Profile

Taro Hico

Author:Taro Hico
長崎県佐世保市で陶芸をやっています。中東の陶器の太鼓、ダラブッカを作りながらベリーダンスや民族音楽のユニットで太鼓を叩かせてもらってます。ケバブと佐世保バーガーとちゃんぽんが好物。ミズマールとウードと輪っか型の太鼓の音にも物凄く反応します。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


Hico's Recommend


FC2アフィリエイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界第3のレク、Nakhle登場!

世界1、2を争うレクの名器と言えば、ご存知の通り
「Kevork」と「Eli Huli」ですが

数年前から、第3のレク「Nakhle」が世界中のレク奏者から熱い視線を集めています。「Nakhle」はレバノンのジングルド・ドラム専門の工房です。
Nakhle and Kevork

独のフレームドラム奏者、David Kuckhermann氏のレビューからですが、作りは「とにかくKevorkにそっくり」だそうです。 写真左がNakhle、右がkevork(共に25cmモデル)ですが たしかに言われないとどちらもkevorkかと思ってしまうほど。実際僕もそう思ってました。

写真からも分かるように仕上げの美しさもkevorkに匹敵するもので品質の高さが窺えます。 David氏も「kevorkが高くて買えない人にとって重要な選択肢が現れた」と言ってます。(David氏はすでに数台所有してる模様で)
Nakhle01.jpg

チューニングもkevork、Eli Huliと同じくインターナルタイプ。裏から見ると、ロゴとジングルを見ないとますますkevorkとの区別がつきません。

Nakhle_jingles.jpg
Nakhleのジングルはチャイナ・シンバルのように軽く端反っているのが特徴です。 たぶんカラカラと良い音するんだろうなー。
Nakhle riq
この美しさ!


YouTubeで見つけたNakhleを叩いてる動画です。 ピッチかなり高めのチューニングのようですが…、kevorkに迫る音質を持っているのが解ります。何より、これほどカンカンに張っても破綻してないtekの音質に大注目です!! よほどボディの出来が良いのだと思います。 ちなみにこの動画では25cmのモデルを叩いてます。

で、このレバノンのNakhle工房とのコンタクトに成功しまして なんとお取り扱いが可能になっちゃいました
N1_1.jpgN1_2.jpg
23cmモデル。
N2_1.jpgN2_2.jpg
25cmモデル。
N3_1.jpgN3_2.jpg
27cmモデルです。

付属品は交換ヘッド1枚、革製のハードケース付きです。
このハードケースがまたカッコ良い!!

どのモデルも発注可能です。気になってしょうがない方はメッセージ下さいませ!(笑
他にもNakhle製マズハル、ドフ、ボンゲスなどあります。 お気軽にお問い合わせ下さい。
スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。