Profile

Taro Hico

Author:Taro Hico
長崎県佐世保市で陶芸をやっています。中東の陶器の太鼓、ダラブッカを作りながらベリーダンスや民族音楽のユニットで太鼓を叩かせてもらってます。ケバブと佐世保バーガーとちゃんぽんが好物。ミズマールとウードと輪っか型の太鼓の音にも物凄く反応します。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


Hico's Recommend


FC2アフィリエイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドホンその後(続ヘッドホン)

creative_aurvana.jpg

先月、CreativeのEP-630iて言うのを買ったばかりなんですが saollyさんが譲って欲しいと言うので、これを譲って新しいの買いました。

広島のデオデオで試聴したaudio-technicaにすべかなぁとも思ったんですが色々とネットで要らん知恵を増やしてる内に BA型(バランスド・アーマチュア型)というヘッドホンが欲しくなって 迷った挙句、またまたCreativeの "Aurvana In-Ear"と言ふモデルに決めまして。



なんとシングルBAで5千円切手鱒。
以前人気のあった"ZEN Aurvana"というモデルと実は全く同じモノで元々1万3千だか4千だかする品だし ネットで見つけた信憑性の高いレビューでも結構褒めてあったんでこれかなと。

届いてみると…
申し訳ないがEP-630さんとはまた別次元でした。
(saollyさんアリガトw)
新品の状態からかなりブッチギってました。

音の分解性能が高くて1つ1つの楽器をしっかり鳴らし分ける感じで mp3のビットレートの違いがはっきり解るようになる。 128kのファイルを聴くとひどくザラついてべったりした感じ。(この点はappleの純正ヘッドホンでは分からない)音場感はそこそこかと思う。

思ってた通り、ソースにはアコースティックがよく合います。
先ずはMari BoineのRooms of Worship聴いてみてこりゃなかなかやるわと確信。次にエジプトの古典モノいくつか。本皮ダラブッカ、フレームドラムも表情豊か。 魚皮レクの乾いた音、ジングルの刻みも心地良く 管楽器系は鮮やかで抜けも良く、クラリネットやサックスもレバーやタンポの「シャク、シャク」と言った動作音まで鳴らす。ネイのかすれがたまらんです。
Hamza El DinのNagrishadや、ルーベンのSteps in the Desertなどもやたら良い。
続いてNiyazのNine Heavens、beats antiqueのcollideあたりも美味しく聴けました。Le Trio Joubranのウードにもシビれた。
Taraf de Haidouksのライブ盤の「A La Turk」であれだけ大人数の中でもダラブッカのTarik氏がどういうフレーズを叩いているのかが解る。これこそがアルバナの分解能力の恩恵と言うべきでこれだけで非常に有難い。

インピーダンスは42Ωと、最近のポータブル用としては高めなんですが 予想に反してEP-630iよりも一段階絞った音量で聴けます。これは意外な驚き。 比較的高インピーダンスのおかげかノイズも無くクリアな印象。
これからどう育っていくのかが楽しみです。。

ひとつ難点はイアーピースをSサイズに替えてみたら サイズは良いんだけど、成型の時についた「バリ」がどうも耳に痛い。 カミソリでバリを削ろうとしたけど素材がシリコンでフニャフニャしてるもんでどうにも上手く行かず。


けど今回で自分の嗜好の傾向が解りました。 フラットで解像度重視の方が好みのようです。
(低音強調とか味付けがしてあるのがどうも駄目)

と、なると…

Etymotic Research の ER4S-Bとか
Klipschの X10とか、とかが気になる。非常に気になる。。

高いけど(爆


もはやヘッドホンジャンキーのようで。
また泥沼ですかそうですか。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://darbuka.blog120.fc2.com/tb.php/15-3e1f5bb7

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。